サービスの比較後にNISAの証券口座を開設する利点

証券会社は株の売買契約において、手数料を一定額まで取らないところや、額に応じて発生するものの相対的に手数料が安い証券会社など金銭面でも大きな差があります。そのうえ、取引できる項目にも違いがあります。

特に少額取引非課税の証券口座NISAは1つの証券会社で1口座しか開設ができません。

今、話題の便利な証券口座の比較情報を簡単に調べられます。

そのうえ、一定期間証券会社を変更することもできない制約があるため、最初に開設する証券会社のサービスを比較する必要があります。



そうすることでよりお得に取引を始める環境づくりができます。また、証券口座開設には個人情報の登録や郵送の手続きなど時間がかかることが一般的です。投資の機会を失わないためにも複数社同時に証券口座をつくる方法もあります。


現在では証券会社も口座管理手数料を取らないところがほとんどですが、念のため確認も必要です。


しかし、NISA口座の開設はそれほど焦る必要はありません。



その理由は証券会社と取引があると短期間で開設ができるからです。
とりあえず証券会社と取引を始めてから、その取引の仕方やサービスを比較して納得してから、NISA口座開設を検討することもできます。


将来的に株式資産を1つの証券会社にまとめる場合、現金化してから特定の口座に振り込むという方法もありますが、証券会社では株式を移管してまとめる方法が一般的です。
そのため、株式資産を持っていると将来的に売買手数料の安い証券口座に簡単に移すこともできます。